計画たったの2日でミニマリストすぎる弾丸キャンプ(もはや野宿)を決行した話

こんにちは、あやまです。

最近、キャンプ流行ってますね〜。
断じてミーハー心ではないのですが、
2年前くらいからキャンプに行きたくてうずうずしていました。

というのも、コロナが騒がれるちょっと前、
2019年の秋に、グルキャンに行く話が持ち上がったんです。

居候キャンプなので、とりあえず寝床だけ用意してきて、と言われ
ベテランキャンパーおすすめのマット(後で紹介しますね)と、
寝袋だけ用意しました!

しかし、直前になって、諸事情によりそのキャンプが中止になり
日帰りでドライブに変更になったのです。

 

せっかく寝床用意したのに・・・!
キャンプデビュー楽しみにしてたのにっ!!

 

と、キャンプ欲を燻らせ続けること2年、
ようやく夫が日本の免許をゲットできたので
(免許取得までの道のりもめちゃくちゃ長かった。また後日これについても書きます・・・)
カーシェア利用してキャンプには行ける状況に。

私も免許持ってるんですけど、
運転怖いから夫に運転して欲しいのですw

 

で、ある日夫が

「千葉の山に生えているとある植物を探しに行きたい」

と言い出し、

「それならついでにキャンプで一泊しない?」

と提案。

 

こんな感じで、思いついてから2日後にキャンプに出かける運びと相成りました。

車中泊のつもりでミドルクラスの車を予約!しかし・・・

マイカーを持っていないので、タイムズカーシェアを利用しました。
以前はカレコカーシェアを使っていたのですが、
車を擦ってしまった(過去記事参照)ため、
安心保険パック的なものが事故から半年使えないので、
新たにタイムズさんにお世話になります。

ちなみに、タイムズとカレコ、そんなに変わらないと思ってましたが
実際どちらも利用してみて、圧倒的にタイムズの方が
痒い所に手が届くサービスといいますか、
とても使いやすいと感じましたよ〜

このあと持っていったキャンプギアのお話をしますが、
前提として、テントもないので車中泊のつもりでした。

なので、快適に2人寝れるように、
空間に少し余裕のあるミドルクラスの車を予約しました!

 

しかし、現地に着いて、荷物でぎゅうぎゅうの車を目にした夫は、

「うん、外で寝よう」

という提案をしてきたのです。

 

え・・・車内で寝るためにちょっと高いミドルクラスにしたのよ?
荷物も整理すれば寝れるって〜

しかし、頑固な夫は譲らず、
幸い天気も良く、2月にしては異様に暖かい日でもあったので、
マットにシュラフのみというワイルドスタイルで寝ました。

戦力はピクニックに毛が生えた程度ですね。

なので、野宿した、という前提で以下のギア評価をお読みくださいw

持って行ったキャンプギア

なんせ2日後に出発なので、準備に費やせる日数は正味1日しかありません。
すでに買ってある寝袋、マット、あとは家にあるもので使えそうなものを持っていきました。

それぞれ使ってみた感想を書きながら紹介するので、
スキップしたい人は目次からジャンプしてくださいね。

ちなみに、気候の参考に時期をお伝えしておきますが、
2月下旬です。

その日は春のように異常に暖かく、天気もいい日でした!

電気毛布

寒さを覚悟していたので、とりあえず電気毛布を準備。
普通に毎晩使っているものですが、ちょうど防災用も兼ねて
大容量のバッテリーも持っていたので、セットで持参。

これがなかったら、寒くて本当に寝れなかったと思うので、
持ってきてよかったです。

ただ、問題はポータブル電源の充電が夜中に切れたこと。
AC電源も1000円で使えるサイトだったので、
ケチらず使えばよかったんですが

せっかくポータブル電源持ってきた&どれくらいで電気毛布が切れるかわからなかったので、意地かもしれませんが、使わずいきたかったんですw

AUKEYポータブル電源&ソーラーパネル

こちらが持参したポータブル電源。

デザインも可愛くて、使うのを楽しみにしていました。
セットでソーラーパネルも買ったので、

家で電気を止められても、
停電しても、
屋外で連泊する時も、

電力にありつけるという便利アイテム。

撤収の日の朝にソーラーで電気ためて、
後日家で

「あ〜あのキャンプ場の太陽を使ってるぅ〜」
と思うと、思い出に浸れます。

しかもライトがついているので、
ランタンなど照明を持ち合わせていなかった我々には
とっても助かりました!

晩ごはん暗闇だったからね!

 

ただ、電気毛布は夜中の3時ごろに切れてしまった気がします。
そして、電池残量が減るとピーピー!と鳴るので、
それで目が覚めてしまうという。。。

 

電気毛布使うなら、AC使わせてもらった方が良いです。

寝袋(Ohuhu)

寝袋ってものすごい高いので、かなり迷いました。
当時、小さいアウトドアショップでチェックした時は
NANGAの高級シュラフしか置いてなくて、比較もできん・・・!となり

結局Amazonでコスパ良さげなものを検索。

結果、めっちゃ寒かった・・・

 

顔だけ出してギュッと絞るマミー型と
布団のように使える封筒型
がありますが、

 

2人用はもれなく封筒型だと思います。

封筒型は空間に余裕があって、寝返りが打ちやすかったりする一方、
隙間が空いてるので、外気が入ってくるんです。

マイクロファイバーの毛布も念のため持って行っていたので、
それも中に入れて、なんとか持ち堪えました・・・

ただし、完全に外で安心感もなかったからか、
1時間ごとに目が覚めて

「ああ、、、朝はまだか、、、」

と思いました・・・

管理人さんが毛布かけてくれる夢とか、
他のキャンパーが顔を覗き込んでくる夢を見て
安眠とは程遠い!

そして、私は花粉症!

あたり一帯を杉林に囲まれているため、
夜通し花粉をたっぷり吸いました。

翌日、目は痒いわくしゃみ止まらないわで大変でした。。。
いや、翌日どころか数日は引きずった気がする。

スポンサードリンク


マット(CAPTAIN STAG)

 

コスパ最高なCAPTAIN STAG

こちらはベテランキャンパーさんにお勧めしてもらって購入!


他のマットを使ったことがないので比較はできませんが、
ゴツゴツした地面から守ってくれるし、
地面の冷気もある程度遮断してくれるので、
とりあえずあって困らないです。

ピクニックにゴザがわりに持って行ったりもしてます。

若干嵩張りますが、
半分の長さにカットして持ち運んでいる人もいるそうな。

 

カセットコンロ

料理が好きなので、
キャンプ飯も作りたい!

うちにあったカセットコンロを持っていきました。

ただ、テーブル的なものが何もなかったため
地面に箱を置いて、その上にカセットコンロを置いて使いました。

片付けようとしたら、
箱に穴が・・・w

テーブルは本当に必要だなぁ、と実感。

食べるときはどうにかなるけど、
調理するときに必須だわ。

 

ホットサンドメーカー

マツコの知らない話でホットサンドの回が放送された直後、
バウルーのものが超品薄で手に入らず、
その時に買ったチャムスのもの!

チャムスのマスコットであるブービーバード(ペンギンじゃないよ)が
焼き付けられて可愛いのです。

片面ずつセパレートできるので、フライパンがわりにも使えて便利!

 

ちなみに、バウルーのものも持ってます。
こちらは真ん中がプレスされるので、よりパニーニっぽくなって別な味わいが楽しめます

もともと家でホットサンド作るのに買ってましたが、
キャンプ飯には必須アイテム!

ホットサンドは何挟んでも旨くなりますから。

ちなみに、チャムスからもダブルタイプが最近は出てるんですね。

 

サーモス真空断熱カップ

いずれはキャンプ時に使いたいと思いつつ、
家でも便利に使えるということで2年前に買って愛用していたもの。

冷たい飲み物を入れてもテーブルが濡れないし、
ある程度温度キープしてくれるので大活躍。

ま、魔法瓶ほどの保温保冷効果は期待しないでくださいw

 

ほりにし

これさえあればなんでも美味しくなる魔法の調味料ほりにし。

今まではもっぱらインドアで1瓶使い切りましたが、やっとアウトドアで使える・・・!

今回調味料類はこれのみ。

アウトドアチェア

ベランダでチルするために持っていたカインズの折りたたみチェア。
お値段なんと税込980円!

全然壊れないし、そんなに重くないので、めっちゃコスパいいと思います。

ベージュを持っていて、今回道中にカインズによってカーキを購入!
カラバリは定期的に変わるみたいで、今は明るめのグリーンとブラウンとベージュの3色展開のよう。

→カインズの激安アウトドアチェアをチェック

1台目は近所にカインズがないので通販しましたが、送料が本体より高い・・・
しかも、1台ごとに送料がかかります。

なので、キャンプ行く途中にカインズによってゲットすることをお勧めしますw

 

その他細々したもの

割り箸、紙皿、スキレット、片手鍋も持っていきました。

とりあえず湯は沸かせる

必要だと痛感したキャンプギア

今回ほぼ身一つで行ってみて、色々と必要なものが見えてきました。

実際に購入したものは別記事で紹介しますね!

テント

いや、持って行ってない方がおかしいやろ!って感じですがw
車中泊のつもりだったので・・・

レンタルもできたんですが、レンタル費用高いので夫が渋り、
結果オープンエアだったわけですが

キャンプ場によっては、テントなしでサイトで寝ることを禁止しているところもあるので
テントは必須です笑

ただ、高いので、なかなかすぐに買えない(決められない)ですよね〜・・・・

なので、最初はレンタルしてみて自分に合ったテントを見つけるのも手だと思います。

テーブル

今回、テーブルなしで行ったため、調理も地べたでやることに。

↑この後、カセットコンロの箱に穴が空いていた・・・

椅子がローチェアならまだしも、しゃがんで調理するしかなく、
スキレットの蓋を置く場所にも困った。

 

ランタンとヘッドライト

上の写真で光を照らしているのは、ポータブル電源です。
これが我々が持っていた唯一の光源。

サイトにも電灯はありましたが、あまりにも暗すぎた!

ランタンと、夜トイレ行く時なんか用にヘッドライトもあった方がいいと思いました。

 

キャンプをもっと楽しむためには、各々の好みに合わせて他にも必要になってくるものがありますが
とりあえず、必須だと思ったものはこれくらい。

次回のキャンプに向けて、ギアを揃えたので、それについても次回ご紹介します!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です