欧米では土足のところを赤ちゃんがハイハイするけど汚くない!?

日本で生まれ育つと、家の上がるのに土足って

考えられないですよね?

 

家汚れるのも嫌だし、

こたつやちゃぶ台など地べたに座ることに慣れてる日本人は

土足にしちゃったら床でくつろげないじゃーん!ってなりますよね笑

 

ま、欧米ではみんな、椅子やソファに座るので

あまり気にならないのかもしれませんが・・・

 

 

ただ!まだハイハイしかできないような赤ちゃんは、

必然的に床を這う形になりますよね・・・

 

それって、めっちゃ抵抗を感じるんですが、

実際どうなんでしょう・・・?

 

赤ちゃんって、免疫力が弱いから

外にもあまり連れてっちゃ行けない時期もあるし、

デリケートだからいろいろ気を使いますよね?

 

子育て論は各国様々な見解があるので、

ワイルドスタイルで子供を育ててるのかしら・・・・とか思ったり。

 

 

先日、パートナーの家族の結婚式があり、

アメリカを訪れていたのですが、

その時まさにまだ歩けないほどの赤ちゃんがいたんです!

 

でも、ゆりかごみたいなのに入ってたので、

床を這う様子は見れなかった・・・

 

もちろん、家ではみんな土足

 

人の家だからかもしれないけど、

私自身、なぜか土足で家に上がることに何の抵抗も感じなかったですw

 

多分玄関のタタキがないからかな?

 

お店とかに入るのと似たような感覚でした。

 

しかし、ウンコとかガム踏んで帰ったらえらいこっちゃですよね・・・

 

 

 

さて、今回は、土足が普通の国、オーストラリア

実際に子育てされているタミーさんに、土足事情を聞いてみたいと思います。

スポンサードリンク

オーストラリアの土足文化にカルチャーショック

 

オーストラリアに移住して、あっという間に5年が経ちます。

現在、子育てをしながら専業主婦をしています。

 

今日は私がオーストラリアに来てからびっくりした

文化の違いについて書きたいと思います。

 

 

 

私がどうしても譲れないのが家の中での土足についてです。

 

私は学生時代にオーストラリアに短期留学をしていて、

ホームステイも2度経験していたので、

 

多少のことには免疫があると思っていました!

 

 

結婚する前にもオージー女性とアパートをシェアしていたことがあり、

その時共有スペースのリビングやキッチンなどは土足で、

自分の部屋の前で靴を脱ぐ生活を1年ほどしていました。

 

 

それについてはそこまで気にしていなかったのです。

恐らく一時的のことで、自分が所有していたわけではないからだと思うのですが。

 

そんな私が土足がどうしてもだと思ったのは、

結婚をして念願だったマイホームを買ってからでした。

 

以前は賃貸で1LDKのアパートに住んでいたためか、

そこまで気にならなかったのですが…

 

 

妊娠中に新居に引っ越してからは、

土足で家の中に主人の家族や友達が入ってくることが

気になって仕方がありませんでした。

 

 

 

オーストラリアに限らず、アメリカイギリスなど他にも土足の国はあると思うのですが、

30年近く日本で生活をしてきた私にとってはどうしても受け入れ難いものがあります。

 

 

家を買ったのは、生まれてくる赤ちゃんのために

なるべくいい環境を整えたかったからでした。

 

 

妊娠中は特に今までより過敏になってしまっていた部分もあると思うのですが、

出産にそなえて着々と準備をしていてこまめに床の掃除をしていたのですが、

そこに土足で誰かが入ってくるのは本当にでした。

 

主人は日本に住んでいたこともあり、日本がとても好きなので、

家に入る前には靴を必ず脱いでくれておましたが、彼の家族は高齢なこともあり、

理解してもらうのに時間がかかりました。

赤ちゃんも土足エリアをハイハイする・・・

 

またオーストラリアの友人の家にお邪魔したときも、

みんなが土足のところに、友人の赤ちゃんがハイハイしているのも

とても気になってしまいました。

 

 

私の娘はまだ保育園のようなところに通っていないのですが、

友人がデイケア(保育園のようなところ)に見学に行ったときも

 

赤ちゃんがハイハイしているところや寝かされているところに

土足で入って見学をしたそうです。

 

 

ショッピングセンターの中なんかにある室内の遊び場もとても充実しているのですが、

そこにあるボールのプールに土足で入って遊んでいる3、4歳ぐらいの子供達に混ざって

6ヵ月ぐらいの赤ちゃんがボール口にいれて遊んでいたりする光景もよく見かけます。

 

オーストラリアで暮らす以上、

郷に入っては郷に従えということはわかってはいるのですが、

やはり衛生面が気になってしまいます。

 

 

 

 

私は日本ではわりと大雑把な方でしたが、

潔癖症の方には少しきついかもしれません。

 

 

私は娘が歩き始めるようになってからは、

前ほどは気にならなくなってきましたが、

今でもやはり主人が裸足で庭に出てそのまま部屋に入ってきたり、

 

主人の家族が室内用のスリッパで外に出てそのまま戻ってくると、

内心はすぐに床を掃除したい!!

と思ってしまいます。

 

日本人は気にしすぎ?

 

最近の日本人は衛生面気にし過ぎってよく言われる気がしますが・・・

ある程度免疫つけるために、多少汚くしてる方が健康的なのでは、というのが私の持論です。

 

毎朝会社ついてうがいしてる人ほど、よく風邪引いて会社休んでる気がするんだよなぁ・・・

(逆に風邪引きやすい体質だから予防しっかりしてるのかもしれんが)

 

そんな私でも、やっぱり土足には抵抗あるなぁ・・・

リラックスできない気がする。

 

でも、靴はいてから忘れ物に気づいたら、

靴のままヒョイヒョイ、と取りに戻っちゃうこともありますけどねw

 

そういえば少し前、水原希子が雑誌の撮影で

畳の部屋に靴で上がってる写真があったんですが、

それが炎上したくらいですもんね。

 

日本の裸足文化も恐るべしなのかもしれない・・・

 

 

実際土足って汚いの?

 

土足だと砂とか一緒についてきちゃったり、

外の雑菌を家の持ち込んでしまいそうな気がして

嫌ですよね。

 

でも実際、微生物(バイ菌)的には差はあるのでしょうか

裸足でも足ってそもそも雑菌繁殖しやすくてクサいし、

実はそんなに変わらないかもしれませんね。

 

ネットで拾った情報ですが、

裸足で歩いてるカーペットの方が、皮脂なんかの汚れが多くて

土足の家庭のものより汚かったりするんだそう。

 

驚き!

 

でも、靴のままだとフローリング傷つきそうだな・・・

 

 

最近は土足禁止の家も増えている・・・らしい

 

とはいえ、最近では、欧米でも家では靴脱ぐスタイルの家庭も

徐々に増えつつあるらしいです。

 

その理由は様々ですが、

  • 窮屈な靴を脱いでリラックスしたい
  • を部屋に持ち込みたくない
  • 同じ家でも人によって土足OK/NGがある(心を許してるかどうか?)
  • フローリングを守りたい

などなど・・・

 

家族は土足だけど自分だけ室内履きなんてパターンもあるそうです。

 

 

 

日本では

「人の心に土足で上がり込んで・・・」

なんて言い方をしますが、

海外の人からすると、この意味がわからないかもしれませんね笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です