マレーシア航空の遅延がひどくて新婚旅行が台無し!補償を求めた結果

新婚旅行は仕事を忘れてのんびりしたいなーと思い、

リゾート地にしようと決めてました。

 

今までフィジー、タイ、沖縄などのリゾートは行ったことあるのですが

バリ島に行った人がみんな口を揃えて

 

「めっちゃよかった!また行きたい!もっと長くいたい!」

 

っていうので、バリにしました。

 

なんでも、

  • ご飯が日本人の口に合う
  • 物価が安い
  • 海もあればウブドのような田園もあって飽きない

などなど、魅力いっぱいなんですねー。

 

かなり楽しみにしてました。

 

日本(成田・関空)からバリまでの直行便は

ガルーダ・インドネシア航空のみ。

 

直行便なので早くて便利なんですが

ちょっとでも節約したかった我々は

マレーシア航空を選びました!

 

で、前後マレーシアも観光できればいいな〜♪なんて。

 

しかし、それが間違いの始まりでした・・・

 

マレーシア航空でマレーシア経由にバリ行こうとして

痛い目を見たお話。

 

これを読めば、大事な旅行にマレーシア航空は

使わないほうがいい理由がわかると思います・・・

 

やっぱりダメーシア航空だった。

スポンサードリンク

朝発の便が飛ばない

 

飛行機って、朝の便が遅れが少なくていいらしいんですよね。

夜になる程、それまでの遅れが影響して遅延の確率が上がるらしいです。

 

遅延をそこまで気にしていたわけではないのですが、

たまたま朝便だったので

ま、遅れることはないでしょう!と踏んでました。

 

予定通りの時刻にバタバタしながらターミナルに駆け込んで、

無事着席。

 

お、「犬ヶ島」見れるじゃん!
(字幕ないけど)

と、離陸前にヘッドホン繋げて見始めたのはいいんですが・・・

 

なんだか様子がおかしい。

 

そこで機長のアナウンス。

「機体に問題があり、一度全ての電源を落とします。空調が切れるなどご面倒をおかけしますが、ご理解お願いいたします」

といった趣旨。

 

なんか搭乗した瞬間も暑かったけど・・・また?

 

見てた映画もシャットダウン、暗くてシーンとして

なんだか異様な雰囲気。

 

しばらくして電気がつくも、

トラブルが解決できなかったと、荷物をまとめるよう指示。

 

1年半ほど前、台湾旅行でscoot使った時に

シートベルトしたまま2〜3時間飛ばなくて

イライラしたのが今までのワースト離陸でしたが

 

まさか乗ってから降ろされるとは・・・

 

ま、すぐ復活するでしょ。と思ってたんですが

復旧のめどは立ってないけど、

とりあえず2時間待て、とのこと。

 

この時点で11時すぎてます。

 

お詫びの印にもらったのがこちら。

1人1000円分のミールクーポン。

 

え、せんえん・・・・

 

 

そのうち、14時の予定、と案内があり、

あーあ、もうバツ洞窟行けないよ〜・・・

ま、晩ご飯だけでも楽しもう。

 

と、希望をまだ持ってましたが・・・

 

 

結局、14時の次はやっぱり15時、15時半・・・

 

結局、16時過ぎにアナウンスが。

「欠航になりました」

 

 

は?

 

これだけ待たせて、欠航て!

 

欠航が決まった後のマレーシア航空の対応

 

テクニカルイシューで散々(7時間)待たされた挙句、

欠航宣言したマレーシア航空。

 

カウンターには、当然のごとく人が殺到。

その中には、

  • 明日朝からマレーシアで学会発表する学者
  • 妹の誕生日を祝いに帰国する女の子

を始め、絶対に今日移動しないと困る人がたくさん。

 

一方、マレーシア航空の対応は、なんともお粗末。

  • 欠航が決まったばかりで今後の対応はなんとも断言できない
  • 明日の早い時間に代わりの便を出すかも?
  • 帰れる距離に家がある人はホテル代もなし
  • それ以外の人だけホテル代と食事代
  • とにかく、マレーシアの本部に聞かないと何もできない
  • 自力でマレーシア航空のカスタマーセンターに聞いてください
  • ちなみに英語しか対応してません

もうとにかく、なんか聞いたら

「カスタマーセンターに・・・」

の一点張り。

 

いやいや、代わりの便もどうせトラブルで飛ぶかわかんないし

そもそも、7時間待たせる前に「無理や」って諦めろよメカニックチーム・・・

 

あんなに荒れてる空港の現場、初めて見ました。

 

我々は、マレーシアはトランジットついでに寄ろう〜って感じで

バリのそこそこ高級リゾート、アヤナリゾートの予約は翌日なので、

最悪それに間に合えば・・・

 

でも、明日のマレーシア航空の便(ほんとに飛ぶのかわからない)

では着くの遅いし、せっかくのアヤナがもったいない・・・

 

なので、本社に電話して、代わりの便に代えてくれるよう

全力で交渉することになりました(旦那が)

 

交渉の結果はその2に続きます!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です